Après la pluie

Ding, Yanyong 丁衍鏞, né en 1902 à Chine, décédé en 1978 à Hong Kong

Entre 1940 et 1950
Papier, Encre, Couleurs - Pigments
Peinture
H. 134.8 x l. 45.4 cm
丁衍鏞
Achat en vente publique :
M.C. 9791

丁衍庸(ディン ヤンヨン)は広東省に生まれた。1920年に日本に勉強に送られ、彼は翌年、東京美術学校に入る。そこでデッサンと油絵を学び陶磁日本の美術界の一部に大きな影響力を持っていたフォーヴィズムの画家たちの作品に親しむ。この発見は長きにわたり色彩においても線の表現主義的な使い方においても彼を方向付ける。1920年代なかばに中国に戻ると、上海に住み、西洋画を教える。このころ、关良(グァン リャン 1900-1986)と近づきになる。1928年から1932年まで、彼は広東に滞在する。彼が中国絵画に手を染めたのはこのころである。戦争が始まる前の何年か、彼はふたたび上海で活躍する。 紛争の間は広東に戻り、1941年に四川に疎開する。1949年には中国を去り、香港に定住して教えながら中国絵画と西洋絵画を同時に手がける。「同じ動機、同じ形式上のリズムで、二つのアプローチを愛しつつ」
『雨後』は、&ç'à 年代の丁衍庸(ディン ヤンヨン)の墨絵である。彼が師と仰いだのは過去の巨匠で、動物の表情の豊かさでは朱耷 (チューダー 八大山人)、芭蕉の葉の力強い筆致を借りて来ただろう徐渭である。しかし少し年上で同時代人である斉白石(チーバイシー)との類縁関係も、蛙の滑稽味のある扱いなどに見られる。芭蕉の花は、その鮮やかな赤が構図の中央で目立っているが、丁衍庸(ディン ヤンヨン)の「野獣派」的作品の色使いを思い出させる。斉白石のような画家は丁衍庸と同じ影響は受けず、このような色の効果は自分の作品の中では控えたけれども。芭蕉の葉の周りで鳴く蛙という主題は、この画家は晩年にも再び取り上げている。その作品のなかでは、チェルヌスキ美術館の抑えられたユーモアがこの芸術家に特徴的な、溌剌とした笑いに変わっている。
 

Reference(s) : マリー=テレーズ・ボボ,『既知と未知の中国』,パリ,Paris-Musées(パリミュゼ),1992 年
ヴァディム・エリセエフ, 『現代中国絵画展覧会』, パリ, チェルヌスキ美術館, 1946年
LPDP_38776-4
Zoom
1/2
LPDP_38776-5
Zoom
2/2