Arrosoir (Joro)

Matsuda, Yuriko 松田百合子, né en 1943 à Hyōgo (préfecture)

En 2012
Céramique, Porcelaine, Email (technique céramique), Glaçure = Couverte
H. 27 x L. 32 x l. 13 cm
Don manuel : Matsuda, Yuriko 松田百合子
M.C. 2012-15

この装飾的な如雨露には蓋と取り外しのできる口がついている。手と蛇口には赤い釉薬が塗られ大きな金色の水玉模様がついている。胴には花の図案と赤、緑、金の線状の模様が描かれている。この色は17世紀末の有田焼に由来することは明らかだが、有田の技術はここでは完全に松田百合子のアートという現代的なコンテクストに流用されている。たとえば、松田は好んでトロンプ・ルイユを使い、たとえば色のついた野菜の形の大きな磁器を作ったりする。
京都市立美術大学を卒業し、国内および海外の数多くの展覧会(ボストン陶器美術館、ニューヨーク日本協会、セーヴル国立陶器美術館)に出品した。その作品は日本の美術館(岐阜県信楽美術館)および海外の美術館(バルセロナ、台湾、イェール大学、カンザス・スペンサー美術館、ミネアポリス、デンヴァー)に収められている。