Anneau fendu

Anonyme

Entre -300 et -50
Pierre
Parure, bijou
DS F3 Sep. I; 8004-8005 D.S. F.3
Don fouilles : Janse, Robert Ture Olov; Mission Janse Indochine (1934-1935)
M.C. 8004

スプリット・リングは、オロフ・ヤンセの発掘の際、ドンソンとラシュ・チュンの遺跡の墓所から豊富に出土した。同じような出土品はタイから中国南部に見られる。ベトナムでは、紀元前3000年から現れている。ドンソン文化の墓に最も多く見られるが、中国による占領時代の初期にもまだ残っている。どう使われたのかは謎である。そのうちのいくつかのものは、耳たぶを輪の割れた部分に挟み込んで耳飾りとして使われたことが、同じ時代の青銅の品、特に刀の柄や器、ランプなどにある丸彫りの人物像から分かっている。スプリット・リングは、墓の中でまとまって発見されることが多い。一つなぎになっていたか、衣服に縫い留められるかしたのではないだろうか。古い修復の跡が、その価値を物語っている。おそらく普通の装飾品よりも価値が高かったのだろう。

LPDP_78816-5
Zoom
1/2
LPDP_79863-8
Zoom
2/2