Vestiges modernes

Takeuchi, Kōzo 竹内纮三, né en 1977 à Hyōgo (préfecture)

En 2013
Porcelaine, Glaçure = Couverte
H. 46 x l. 71 x P. 24 cm
Achat :
M.C. 2013-14

『現跡・今跡』は、マヤの遺跡を見たことと芸術品のはかなさを考えたことから生まれた。輝かしい文明がいくつも消滅したことを思わせつつ、見る者に我々の生きる都市の未来の姿を想像させる。
竹内鉱三は瀬戸焼を使う。切り口が正方形になるチューブを粘土でかたどってから鎚をつかってわざと壊し、泥漿を入れて焼く。そうすることで「過去と未来という時間の概念を意識できる」と考えている。

Reference(s) : Arts Asiatiques Tome 69 - 2014 P. 171
LPDP_82314-3
Zoom
1/6
LPDP_82314-4
Zoom
2/6
LPDP_82314-5
Zoom
3/6
LPDP_82314-3
Zoom
4/6
LPDP_82314-4
Zoom
5/6
LPDP_82314-5
Zoom
6/6