Trace

Hong, Insook 홍인숙, 洪仁淑

En 2012
Papier, Toile (matériau), Encre, Couleurs - Pigments, Marouflé
Peinture
H. 113 x l. 113 x H. 118.5 x l. 118.5 cm
M.C. 2013-19
Don manuel, Galerie Alain Margaron

ホン・インスーク(洪仁淑)は1980年から1990年の間にフランスに来た韓国人芸術家の新しい世代を代表する一人である。

ホン・インスク(洪仁淑)が、フランスのアート市場に現れたのは比較的最近だ。1962年に韓国に生まれ、少女のころから絵画に興味を持ったが、家族の勧めで映画の勉強をした後、結婚して家庭に入った。美術への情熱を失わなかった彼女は1997年にフランスに渡る。アカデミー・ド・ラ・グランド=ショーミエールで絵の勉強を始め、ヴェルサイユ美術学校を2005年に卒業する。2006年にオベリーヴの僧院を訪ねて、その壁にかつて囚われていた者たちと絵画的な構成の啓示を受けたことが、現在の制作の基盤を作る探求のもととなった。
ホン・インスク(洪仁淑)の作品は極東と西洋の伝統の総合たらんとしている。また、芸術家自身の内面に呼びかけると思われる記憶と痕跡に関する仕事でもある。オーベリーヴの落書きから、彼女は筆を使わない絵画を思いつき、西洋の技術、スタイルの伝統から解き放つ革新を行った。画布の上に絵の具と顔料を乗せ、ゆるく紙をぐしゃぐしゃにして、表面を互いにこすり合い、紙の端を使って絵の具や顔料を削る。
このプロセスにより、彼女の生まれ故郷、韓国の風景を思わせるという抽象的な作品が生まれる。ぐしゃぐしゃにされた表面は、山の起伏を表し、その上の絵の具の染みは樹木を表す。場所とのこのような関係、思い出、彼女が精神性のひとつの形と考えるものとの関係が、彼女の創造の極東的な側面であるとホン・インソクは言う。紙の上の絵の具、書道のように造形に全身の力を使い、偶然に創造の一部を任せることも極東の絵画芸術の伝統に呼応している。

Reference(s) : クリスチーヌ・清水、「チェルヌスキ美術館の活動」Arts asiatiques(アジア芸術), 2014年、69号  p.163-172.
マエル・ベレック、「ソウルーパリーソウルーフランスにおける朝鮮人芸術家」 Paris Musées(パリミュゼ) 2015年
Author of the record : Mael Bellec
Zoom
1/1