Pietà

Lin, Fengmian 林風眠, né en 1900 à Guangdong (province), décédé en 1991 à Hong Kong

Vers 1940
Papier, Encre, Couleurs - Pigments
Peinture
Lin Fengmian
Don manuel : Desaleux, Edith
M.C. 10044

苦痛の表象は林風眠(リンフォンミェン)のペイント作品と書いたもののなかで重要な位置を占めている。1927年に方針を書いたものを発表して以来、この芸術家の普遍的であろうとする形の下に感情を絵にしようとする関心は、消えたことがない。1929年の『人類の苦しみ』から、1980年代の遺言的作品に至るまで、とりわけ、苦痛の表現がこの画家の関心を惹いていた。この観点から見ると、キリスト教のイコノグラフィーはこの芸術家に感情の中でも最も悲しみを掻き立てる主題を提供したと言える。1978年のピエタや1988年の十字架上のキリストなど晩年の絵画が彼の作品のこの側面をよく語っている。
チェルヌスキ美術館のピエタは、30年代初めのもので、林風眠の苦しむ肉体のテーマについて、その考察の重要な段階に至ったことを記している。多くの点で、20年代末の考察を実践したものに見えるのである。西洋美術史における芸術と聖なる者を結びつける関係を問い、林風眠は、芸術を作品から見る者への感情の移転と定義する。この時代、彼は東洋と西洋の一致する方向へ踏み出し、そのために中国の遺産の一部を諦めることもいとわなかった。しかしピエタでは、彼は東洋絵画の伝統的な方法、墨と紙を用いている。 形が小さく、構成も集中しているところから、この作品は外に見せるというよりも内に込められた苦しみを表現している。強調された輪郭線は一団の人々の緊密な結びつきと2人の女の顔を後光で包み、キリストの胸をうがつ光を案配する墨のコントラストを明確にする。こうして得られた中国絵画と西洋絵画の効果のバランスは、20年代の理論の延長上にありながらそれを超えている。この芸術家の狙いに応えつつ、共感を生み、見る者に苦しみを共有する感情を呼び覚ます。

Reference(s) : ジル・ベガン,「チェルヌスキ美術館の活動」Arts Asiatiques (アジア芸術), 2000年 55号 p.158
「林風眠(リンフォンミェン)」; 『東洋のパリ: 上海におけるフランス,1849-1946』アルベール・カーン美術館による展覧会カタログ, 2002年,p.272
ジル・ベガン(監修)『チェルヌスキ美術館,1993-2004の中国美術取得作品』Paris-Musées(パリミュゼ)/Findakly(フィンダクリ)刊, 2005, p.72
エリック・ルフェーヴル, 『パリの中国人芸術家』 パリミュゼ, 2011, p.12, 14, 15, 19, 20, 22-26, 32, 40, 43, 48-52, 58, 96, 100, 101, 118-121, 123-135, 138, 208, 213, 217, 221, 226
LPDP_39211-6_1
Zoom
1/1