Bol à thé dans sa gazette

Anonyme

Entre 1127 et 1279
Grès, Céramique tournée, Glaçure = Couverte
Vaisselle et ustensile de cuisine, Récipient (vaisselle), Bol à thé
Don manuel : Dautresme, François
M.C. 2000-8

この作品は南宋(1127-1279年)時代の炻器の焼成技術を教えてくれる貴重な例である。福建省の建窯の小さい椀は深い黒色に小さい茶色の染みが散っていて、焼成のときの匣鉢とまだくっついている。円錐形の底は、似たような匣鉢を簡単に重ねられるようにして、多くの作品を熱のむらなく焼くことができるようにする。

Reference(s) : ジル・ベガン,「チェルヌスキ美術館の活動」Arts Asiatiques (アジア芸術),2001年 56号 p.133-135


ジル・ベガン(監修)『チェルヌスキ美術館,1993-2004の中国美術取得作品』Paris-Musées(パリミュゼ)/Findakly(フィンダクリ)刊, 2005, p.129
LPDP_34987-8
Zoom
1/1