Peinture des mille automnes

Gao, Qipei 高其佩

206
Papier, Encre, Couleurs - Pigments
Peinture
H. 227 x l. 115.2 cm
且道人; 指頭生活
M.C. 4463
Legs, Cernuschi, Henri

款識:千秋三永圖。鐵嶺且道人指頭生活。
印:指頭生活(白文)

この大きな作品は指頭画という技術で描かれ、高其佩(ガオ キーペイ)の名に結びつけられている。この画家は満州の鐡嶺(ティエリン)出身の中国人の家族の出である。 清王朝の政治的コンテクストの中では、この出身は官吏としてのキャリアに有利だっただろう。高其佩(ガオ キーペイ)は、父がそうであったのに続き、官僚として、 雲南、浙江、四川、北京のどこでも務めたに違いない。宮廷に導き入れられ、そこで画家としての才能で頭角を表した。特に指で描く絵に優れ、このジャンルは 順治帝 (1638-1661).によって流行した。
この絵は、中央に牡鹿と牝鹿を描いている。この吉兆のモチーフは高其佩(ガオ キーペイ)の作品に何度も現れる。北京首都博物館所蔵の同じ主題の高其佩(ガオ キーペイ)作品も、チェルヌスキ美術館の作品と似た構成である。鹿の表象はこの画家が使った様々なテクニックをかいま見させる。指で描いた線が輪郭を描き、段々と薄くなる指紋が斑のある動物の毛並みを、爪の先が眉毛やまつげを描くのに使われている。
高其佩(ガオ キーペイ)が墨の仕事に払った注意は、彼が色彩の使用したときの独創性を見えなくしてしまう。彼の孫である高秉は、高其佩(ガオ キーペイ)の絵のなかの色彩の使用のありきたりでない性格を指摘している。ふつうは軽く使われる赤が高其佩(ガオ キーペイ)にあっては厚く塗られ、また別のところでは青と緑が重ねられて広がっている。チェルヌスキ美術館の絵は、いくつかの展でこの指摘の通りである。深い赤のこうもりが末の枝から浮き上がる、一方、不死のきのこは、墨で描かれ、緑と青の色がかかっている。 この色使いからは、、この二色が絵に対して持つ意味を視覚的に強調していると言える。タイトルに「千秋」とあるように、この作品はそれ自体が誕生日の祝いである。長命の意味の「壽」が不死の茸 「 靈芝」や松によって、 福が蝠によって表されている。そして 鹿 は報酬の意味の「 祿」を表している。一緒に鳴るとそれらは「福禄寿」を表す。

Reference(s) : 書誌 エリック・ルフェーヴル 2008年, p.82-83 ; エリセエフ 2010年, p.267-268
Zoom
1/3
Zoom
2/3
Zoom
3/3