Les Goélands se rassemblent ...

Wei, Ligang 魏立刚, né en 1964 à Datong

En 2014
Encre, Papier
Peinture, Calligraphie
Don manuel : Wei, Ligang 魏立刚
M.C. 2014-30

魏立剛(ウェイ リーガン)は、伝統的中国芸術の復興を代表する芸術家である。その作品は非常に絵画的であるが、魏立剛は書道家である。
天津大学で数学を研究していたときに書道を学んだ。現代美術を起源とする形の遊びによって書道を刷新した日本書道という手本と、巨匠、李鶴年(リーフーニェ)と王学仲(ワンシュェジョン)が天津にいたことの両方から恩恵を受けた。2年ほど数学を教えた後に、彼自身、書道教授となり、古い書の研究と模倣で修行を完成した。
そして伝統的な書道が求めるレベルと現代の美学が一致する総合的な新しいスタイルを作ろうとした。この目的で彼は西洋絵画を学んで自分の書に導入し、漢字の様式化に着手する。その結果は、一方で篆文に想を得た複雑な漢字となり、他方で単純化の極みに至る。
魏立剛の作品はチェルヌスキ美術館のコレクションに加わり、馬徳升(マードゥシュン)、周剛(チュウカン)、黄永砯 (フアンヨンピン)白明(バイミン)らの作品とともに1980年以降の中国芸術の展望を補完するのに貢献している。  
 

Reference(s) : マエル・ベレック, 「チェルヌスキ美術館の活動」Arts Asiatiques (アジア芸術), 2015年, 70号, p.106-107
Zoom
1/2
Zoom
2/2