Lotus sous le vent

Zhang, Daqian 張大千, né en 1899, décédé en 1983

En 1955
Papier, Encre, Couleurs - Pigments
Peinture
H. 184.4 x l. 95.2 cm
Don manuel : Zhang, Daqian 張大千
M.C. 8768

款識:明月曾呼白玉盤,多情更照玉闌幹。香吹一夜西風滿,水殿羅衣作許寒。乙未重九後堂東不忍池上憶年時晨夕散步晴香襲人襟袖,揣度東坡水殿風來之句使人意 [?][?] 則敗葉滿池矣。

蓮の絵はおそらく張大千(チャンダーチェ)の作品の最も豊かな実験の場のひとつであった。張大千は手本をおそらく、表象に例外的に巨大な大きさを与えた朱耷(しゅとう/チューダー)の絵のなかに求めた。1937年のモノクロームの墨絵の蓮は、張大千がこの大きさを別の方向に向わせるのに成功した好例となる作品である。敦煌に滞在して巨大な壁画を鑑賞したり写生したりした後、張大千は対策の制作に取りかかる。この意欲は彼が手を染めていた全てのジャンルに現れ、1981年から1983年の廬山の景色に結実する。しかし蓮の絵に関しては、すでに1945年から、彼は大画面を試みていた。その作品はポリプティック、平行する縦巻物、また屏風などの形で構成された。多少とも大きな作品が彼の仕事の発展のなかで時々現れる。
大作を描きたいという野心が必要とする技術は極めて複雑であることが分かってきた。墨の塗られた表面が多いことはそれに適するが材を選ばなければならないばかりでなく、墨の自由な広がりと筆のコントロールとの間の釣り合いを取る技術を必要とする。 この意味で、1960年代以降に彼の山水画を一新した墨と絵の具を飛び散らせる技術は、1940年代以来の蓮の絵の経験の果実であると言うことも不可能ではない。1955年のチェルヌスキ美術館の蓮の絵では、色はまだ控えめな役割で墨の強さを強調するだけだ。蓮の葉の深い黒と花の白さのコントラストは、輝くような効果を生み、晩年に制作される屏風絵の金紙使いを予告している。

Reference(s) : 書誌 近代美術館 1956年, n°8, エリセエフ 1961年,  n°6, ボボ 1983年, p.61, ボボ 1985年, n°89, ルフェーヴル 2008年, p.178-179, Lefebvre 2011年,
LPDP_40635-7
Zoom
1/2
LPDP_40635-8
Zoom
2/2