Ours

Entre -206 et 220
Bronze, Dorure
Statuette
Don manuel : Société des Amis du musée Cernuschi; Fondation Antoni Laurent
M.C. 2011-1

中国語では、「熊」という言葉は、調性を帰ると「勇敢さ」「力」の同音語である。この連想は、この動物の形態によって強化され、漢時代には、熊には特別な力があるとされていた。それで蚩尤(しゆう)という戦争の神は、熊の頭をしているのである。皇帝の庭園では、初代皇帝(紀元前221-210年)の時代から、ミクロコスモスとして考えられた「至高の森」(上林)に生きた熊が生息している。熊はまた不死にも結びつけられた。熊が突然イコノグラフィーに現れたのは、武帝の時代(即位: 紀元前140-87年)にあたり、この統治者の不老不死を求める関心と関係していたと思われる。熊のテーマはしたがって漢王朝の時代のイコノグラフィーにはよく出てくる。青銅の置き台と重りは熊の形をしている。熊は不死の島(罍や香炉)や石のレリーフの上で組み合う動物に入っている。例としては山東省の无家の祭壇が有だ。

Reference(s) : エリック・ルフェーヴル,「チェルヌスキ美術館の活動」Arts Asiatiques (アジア芸術),2012年,67号 p.113。
Zoom
1/5
Zoom
2/5
Zoom
3/5
Zoom
4/5
Zoom
5/5