Vase à fleur (ichirin-ike)

Manufacture Banko (ko-Banko)

Printemps été 1740 1780
Grès, Glaçure = Couverte, Décor moulé (céramique)
Vase
H. 9.5 x D. 11.5 cm
Cachet estampé sous la base : "Banko" 萬古
Legs : Cernuschi, Henri
M.C. 4252

窯印こそ古い窯のものよりも19世紀の射和萬古窯のものに良く似ているが、この花瓶は18世紀のものに類似点が多い。軽くへこんだ底、造形し浮き上がっている模様(易経の八卦)、透明な釉薬がそれである。また、損耗した形跡と金漆(梨地)による修理が施されていることも、様相がかなり近い壷に倣って、より古いものであると思わせる。(四日市、1998、1024号、p.26および四日市、2004、14号 p.16)卦の浮き出し模様がついた作品は他にもあるが、やはり18世紀の終りごろと推定されており、特に銅に淡緑色の釉薬をかけた香炉は、千鳥香炉という中国の青磁香炉を真似たものである(四日市、1998、1035号、p.33)

 

Author of the record : ミシェル・モキュエ
PM_CER04252_120
Zoom
1/2
PM_CER04252_120
Zoom
2/2