中国コレクション
20世紀前半、当美術館は主に中国古代美術に方向を定めた。1950年代になって、近代絵画に門戸を開く。今日では、寄贈により、当美術館は古美術においても現代美術においても所蔵品を増やしている。
日本コレクション
日本コレクションは、3600点を数え、そのうちおよそ2000点が青銅器、1600点が陶磁器で、チェルヌスキ美術館の蒐集品の3分の1を構成している。
朝鮮コレクション
チェルヌスキ美術館は創立当初から朝鮮の美術品を所蔵してる。最近は順調にコレクションを充実させている。
ベトナムコレクション
ベトナム・コレクションは1800点を融資、最も古いものは紀元前5世紀に遡る2500年間をカバーしている。数多くの陶磁器といくつかの青銅器がそれに続く時代のものだ。絵画作品は20世紀のものである。

VISITORS INFORMATION - From January 30th, 2023 and for a period of six months, part of the permanent collections will be closed due to renovation works of the building. Spaces 1 to 5 will remain open to the public, spaces 6 to 14 (from the Buddha Hall to the Painting Room) will be closed. During this time, temporary exhibitions will continue to be presented on ground floor, such as the exhibition "Ink in motion, A History of Chinese Painting in the 20th Century" extended until March 5, 2023. Thank you for your understanding.