中国、日本、ヴェトナム、韓国の美術品1万2000点以上を有するセルニュスキ美術館は、その蒐集品や企画展を見ていただくため、数多くのツアーやワークショップ、イベントを用意しています。

お問い合わせ
月曜日〜金曜日 10:00〜12:00および14:30〜17:00
電話 : 01 53 96 21 72
メールでのお問い合わせはこちら

フランス第二のアジア美術館で、中国美術に関してヨーロッパ第五位に入るセルニュスキ美術館は、中国美術と考古学に関して権威であるばかりでなく、アジア文化の拠点としても頭角を現して来ました。古代中国美術に関して注目すべきコレクションを有しており、1898年の一般公開以来、セルニュスキ美術館の豊かな歴史を通じて、中国、日本、ヴェトナム、韓国の美術品1万4000点を蒐集しています。中国美術と考古学の権威であることはもちろん、中国と日本、朝鮮、ヴェトナムを結ぶ文化交流を通じて、極東美術に触れる場としても特権的な場所として認知されて来ているのです。美術シーンが活気を呈している現在、セルニュスキ美術館は近現代の作家と作品を、その文化的背景への知識に裏付けられたアプローチで紹介します。

  • セルニュスキ美術館は、中国と日本のコレクションにフランス語でのガイド・ツアーを行っています。10歳にならないお子様は参加できません。5人以上になると、団体として予約が必要になります。
     
  • 企画展の際には、アーチスト、展示品、国などについてフランス語と英語による講演があります。プログラムはこちらをご覧ください。
     
  • 視聴覚ホールでの講演は常設展や企画展を巡るひとつのテーマについて知見を深める機会です。フランス語でのみ提供しています。
     
  • 美術館内でのデッサン教室は、創造のプロセスを通して芸術的を見る目を養います。絵の具は使用しません。l'agenda 

 

常設展および企画展を団体で見学するには、二つの形が可能で、どちらも予約が必要です:

  • 訪問する団体の責任者(通訳ガイドまたは公認講師、生徒を引率する教師など)の案内による自由見学 所要時間: 1時間30分、説明権利料 : 30€ + 企画展入場料/ 常設展無料 団体の人数25 人まで
  • 美術館所属の講師によるフランス語または英語のガイド付き見学 所要時間 : 1時間30分、正規料金 : 110€ - 割引料金: 65€ - 最低料金 : 30€ + 企画展入場料/ 常設展無料人数25 人 まで                                             

美術館とその周辺:テーマに沿った散歩コース二つ :

セルニュスキ美術館とモンソー平原 および パリ13区のチャイナタウン, この二つの散歩は美術館での経験をいっそう豊かなものにします。フランス語と英語で行われます。所要時間: 1時間30分、正規料金 : 128€ - 割引料金78€ - 最低料金: 45€ - 人数25人まで

観光ツアーの場合、団体ビジターは企画展の一括購入チケットを利用できます。

美術館のガイドによる解説でも引率者による解説でも、予約が必要です。条件については、普通の団体と同じです。

安全のため、団体の人数は25人を超えることはできません。

講演者の有無にかかわらず、5人以上のグループは、団体予約が必要です。

予約申込は1ヶ月前に美術館にお送りください。

個人またプライベートな使用目的であれば、常設展示室での撮影は許可されています。企画展においても可能な場合があります。フラッシュ、白熱灯、三脚あるいは他の支えは、個別、当美術館の許可を得ていない限り禁止されています。

VISITORS INFORMATION - From January 30th, 2023 and for a period of six months, part of the permanent collections will be closed due to renovation works of the building. Spaces 1 to 5 will remain open to the public, spaces 6 to 14 (from the Buddha Hall to the Painting Room) will be closed. During this time, temporary exhibitions will continue to be presented on ground floor, such as the exhibition "Ink in motion, A History of Chinese Painting in the 20th Century" extended until March 5, 2023. Thank you for your understanding.