"Saisir la victoire dans tout le pays – le président Mao avec ses cadres" (esquisse)

Yin, Rongsheng 尹戎生, né en 1932 à Sichuan (province), décédé en 1995

En 1980
Gouache
Peinture
Don manuel : Montres DeWitt SA; Galerie Hadrien de Montferrand
M.C. 2013-21

尹戎生(イー ロンシュン)は1942年、毛沢東が発表した「延安での文芸座談会講話」の影響下に形成された芸術潮流に位置する。この講話は、芸術の個人性と造形的目的を消してイデオロギー的な目的に従わせようとする。党が認め奨励したスタイルは、社会主義リアリズムで、北京中央美術院は1950年代を通じて、その主な発信地となる。
1954年にこの学校を卒業し、1994,年までそこで教えた尹戎生(イー ロンシュン)は、常にその影響かにあり、自分の作品の内容を政治的要請に会わせる必要を常に感じていた。 そこで、彼は1961年に中華人民共和国建国10年を記念する罗工柳(ルオ・ゴンリウ)の注文を受けた芸術家の1人である。1980年代に中国が開放政策を取ると、彼は奨学金を得てパリ国立美術学校で学び、ルーヴルやオルセーに彼の絵が所蔵されて故国で新たな認知を得る。
1977年、毛沢東の死の直後、失脚者が名誉回復した。尹戎生(イー ロンシュン)は、この人々と毛沢東の架空の集まりを絵にした。毛が正当性の源泉であることは変わらなかったのだ。彼はこの絵を中国国立美術館に寄贈し、この絵はプロパガンダの目的で複製された。そのすぐ後、人民革命軍美術館がこの作品の第二バージョンを、新たに名誉回復した人々を入れて描くよう注文した。 彭 徳懐(ほう とくかい/ポンドーファイ)や劉 少奇(りゅうしょうき/リューシャオチー)など、1980年に名誉回復した人々で、文化大革命の犠牲者の典型例である。
尹戎生はポスターを使い、1977年の自作を再生しながら、グアッシュで修正し、新ヴァージョンを制作する。ここには 彭 徳懐を入れるために何をしたか、どの位置にいれるべきかの躊躇、転写のための方眼線引きが見られる。
この仕事は中央権力に極端に管理された芸術創造を代表するもので、芸術家が体制のどんな小さな変化にも追随するやり方を見せてくれる。また毛以後の芸術の解放は一様ではなく、1950年代、60年代に養成された古い世代は30年前に形成されたモデルを持続させたことを証明している。このことは、今日、この革命時代の絵画の延長線上に公的絵画がある理由でもある。

Reference(s) : クリスチーヌ・清水, 「チェルヌスキ美術館の活動」Arts Asiatiques (アジア芸術), 2014年, 69号, p.163-164
LPDP_75291-24
Zoom
1/2
Zoom
2/2