Pot

Anonyme

Entre 50 et 400
Grès, Glaçure = Couverte
Pot
H. 11 x D. 8.5 cm
L.T Sep. 1 ; 35 ; 8
M.C. 11252
Don fouilles, Mission Janse Indochine (1934-1935)

この小さな円錐形の壷は、非常に白い粘土で作られ、高温で焼いたため非常に硬い。透明の釉薬がかけられており、その上により厚く、酸化鉄の入った釉薬が広範囲に流れている。低温での焼成により、この絵画的とすら言える装飾的な釉薬の流れは緑色を帯びる。
壷の外側に付けられた粘土のリボンは金属製のモデルには備わっている耳であろうかと思われる。
この壷はヤンセの発掘で、タンホア地方のラシュ・トリュオンの廟堂の墓所1号で見つかった。墓室の隅の一つにおいてあり、他の三つの隅は同様の壷二つとランプ一つが占めていた。
器、建築物のミニチュアなどの副葬品が隣接した室に置かれていたので、この壷はなにか特別な役目を持っていたと思われるがなんであるかは今も謎のままである。

Référence(s) : モニク・クリーク  『ベトナム チェルヌスキ美術館のベトナムコレクション』 パリ、Paris-Muséés (パリミュゼ);Findakly(フィンダクリ)刊, 2006. p.99-100.
Agrandir
1/2
Agrandir
2/2

En raison d’une opération de maintenance, certaines images du site du musée Cernuschi ne sont pas visibles pour le moment. Merci de votre compréhension.