漆の技術は、日本では長い歴史がある。漆を塗られた器物は縄文時代(紀元前1万500年から紀元後400年)の遺跡からも見つかっている。

漆、特に金粉を施した蒔絵梨地は、貴金属に次いで、貴族階級に高く評価された。江戸時代(1603-1867)初期に漆職人の工房で作られた嫁入り道具一式は日本の漆芸術の頂点を記している。

 

In accordance with the government's guidelines, the Cernuschi Museum will remain closed up until and including May 18. It will reopen on May 19, 2021. To welcome you under the best possible conditions, a time slot must be booked online to visit the temporary exhibition "Journey Along the Kisokaidō: From Hiroshige to Kuniyoshi". Thank you for your understanding.