長い、破壊的な戦争の後、満州族は1681年に持続的な平和を築く。芸術庇護者で美術品蒐集家でもあった偉大な統治者が続き、19世紀初めまで、前例を見ない繁栄を誇った。

一連の財政危機、政治危機のため、17世紀の中国は弱体化し、満州からの侵入者の征服を許した。長く破壊的な戦争に続き、前例のない繁栄と飛躍的な人口の増大の時代がやってくる。康熙帝・雍正帝・乾隆帝と偉大な皇帝が三代続く。この三人の皇帝、なかでも乾隆帝は、文化を保護し、美術品蒐集家でもあった。満州人の帝国は、18世紀中頃に最も広大になり、その後、19世紀には徐徐に傾いていく。貿易収支が赤字になり、英国を相手にした第一次アヘン戦争 (1839-1842)が起こり、ついで太平天国の乱 (1850-1864)が、清帝国の没落を示す。1911年、清の最後の皇帝が中華民国によって倒される。

In accordance with the government's guidelines, the Cernuschi Museum will remain closed up until and including May 18. It will reopen on May 19, 2021. To welcome you under the best possible conditions, a time slot must be booked online to visit the temporary exhibition "Journey Along the Kisokaidō: From Hiroshige to Kuniyoshi". Thank you for your understanding.