1912年に建国された共和国は、数々の困難に直面しなければならなかった。1949年に、共産党が国民党に勝つ。波乱に満ちた歴史を通じて、中国人芸術家たちは伝統的な芸術言語を刷新し、西洋の技法を取り入れた。

数千年続いた帝国の後に、1912年に共和国が建設された。新しい体制は、数々の困難に直面しなければならなかった。 1914年から1916年までは袁世凱(えんせいがい/ユエン・シーカイ)の独裁、その後は軍閥の争いが1927年に蒋介石が終止符を打つまでつづき、1937年には日本による侵略を受け、1946年から1949年までは国民党軍と共産党軍が内戦を繰り広げる。内戦は共産党軍の勝利に終り、20世紀後半の中国は、中国共産党の支配を受け、政治的に大きく揺れ動く。その主な画期的事件は、大躍進、文化大革命、1980年代以降の開放政策などである。

この動乱の歴史を通じて、西洋および日本伝来の新しい知的芸術的モデルが浸透した。中国人芸術家は、そこから伝統的な造型言語を刷新したり、西洋の技法を自らの感受性や歴史的必要に適合させた。

チェルヌスキ美術館は1946年以後の中国現代美術の新作を厚く支援した。展覧会を頻繁に催し、存命アーティストの作品を数多くコレクションに収めてきた。それらの作品は、現在の目から見ると、20世紀の中国芸術シーンで持っても重要な人々である。こうした方針は、今日まで変わらず、中国の外にあるものとしては質、量ともに第一級の現代美術コレクションとなっている。

In accordance with the government's guidelines, the Cernuschi Museum will remain closed up until and including May 18. It will reopen on May 19, 2021. To welcome you under the best possible conditions, a time slot must be booked online to visit the temporary exhibition "Journey Along the Kisokaidō: From Hiroshige to Kuniyoshi". Thank you for your understanding.